秋の雨があがって。その2

DSC_0183.JPG DSC_0181.JPG DSC_0179.JPG DSC_0170_2.JPG DSC_0169.JPG

改めて、校庭のまわりにはたくさんの木が植えられていたんだなぁ、と思います。
大銀杏の隣に子銀杏、一段下がってつつじ。きれいな赤い実をたくさん付けたカナメモチ。モミノキ(?)
そして背の高い楓の仲間。紅葉した星形の葉っぱが落ちて、雨に濡れています。

ネムノキはどうかな?
もう、木陰が出来そうな程育っています!
葉も1枚1枚が厚く、緑色が濃いです。元気そう!安心しました(^^)
枝についた、この傷が治ったようなものはなんでしょう?虫食い跡が再生したようにも見えます。
このまま、ぐんぐん育ってくれると良いな!

もう少し秋が深まると、大銀杏も子銀杏も楓も、いつものように鮮やかに色づくと思います。
通りがかりに時間があったら、ぜひ眺めてみてくださいね!

秋の雨があがって。

DSC_0173.JPG DSC_0172.JPG DSC_0171.JPG DSC_0180.JPG DSC_0174.JPG

雨があがったばかりの大和二小は、ひんやりした空気に包まれていました。
水はけの良いのが自慢だったグラウンド。サッカーゴールの前には大きな水溜まりがてきていました。

夏の間に伸びてしまった草は枯れて、ちょっと淋しげです。
消防団の、操法大会の練習の跡。
毎年ご苦労様です!

大銀杏は黄色く色づき始めています。
この地域には銀杏の木がたくさんありますが、二小の大銀杏は毎年黄色くなるのが早いような気がします。